認知症は予防が肝心なのです|何時迄も元気な生活

老人

日常的なだるさの原因

カプセル

貧血は若い女性に特に多く見られます。病気ではなくダイエットや偏食による鉄分の不足は、だるさや頭痛、肩こりなどさまざまな症状として出てきます。貧血を改善するには、鉄分を多く含む食品や良質なサプリメントを意識して摂ることが重要です。

もっと読む

体の内側から改善するには

サプリ

冷え症を改善するには運動を行い、筋肉をつけることはもちろんのこと、ビタミンB1やビタミンE、鉄分を摂取するようにします。ビタミンB1にはエネルギーを生み出す力があり、ビタミンEには毛細血管を拡張し血行を良くする働きがあります。

もっと読む

抗菌作用と抗酸化作用

はちみつ

プロポリスはミツバチが作る抗菌作用のある物質です。抽出法は3種類あり、製品は主に原液と錠剤があるので、用途に応じて選ぶことが必要です。プロポリスの特徴の一つは強い殺菌力で、口、喉、傷などのケアに利用されます。また、ポリフェノールの抗酸化作用で老化防止を図れます。ブラジル産が主なことも特徴の一つです。

もっと読む

物忘れがひどくなる前に

錠剤

和食を食べると効果が

認知症を予防するには、日々の食生活に気を付けることが大切です。認知症を予防するための食事は、和食に多いといわれています。特にお魚には、DHAという栄養素が含まれていることが多いからです。DHAには脳の情報処理および情報伝達をスムーズにする働きがあります。ですから、脳の老化を予防することができ結果、認知症を防ぐことができるのです。DHAには他にも悪玉コレステロールを減らす働きがあり、健康にとって良い栄養素なのです。他にも和食で多く使われる大豆には、大豆イソフラボンが含まれています。これは、認知症の原因の一つである脳神経細胞の老廃物の蓄積を抑えてくれる役割をしているため、積極的に摂取すると予防することができます。

サプリメントから摂取

毎日の食事で予防することができる認知症ですが、なかなか実践するのは難しい人もいます。毎日続けるためには、サプリメントなどで栄養素を補うのがおすすめです。なぜなら、サプリメントなら毎日服用するだけで、必要な栄養素を摂取することができるからです。持ち運びも簡単なので、外出先でも気軽に摂取することができるのもメリットです。また、食事から栄養素を摂ることはもちろんですが、どうしても食べることが出来ない場合などに使用することも可能です。小さな粒上になっているものが多いので、服用しづらいという人はグミのようになっているものがおすすめです。お菓子感覚で食べることができるので、辛くなく継続することが可能です。